いざそのときに困らないためのお葬式の服装マナー

もしもの時のために1着は持っておきたい喪服

喪服は社会人としての必需品

準喪服と呼ばれる服は、いわゆるブラックフォーマルといわれる服です。
冠婚葬祭のための服のうち、黒いものをブラックフォーマルといい、男性の場合は基本的には慶弔両用ですが、女性の場合は弔事の時のみに着られるとなっていることが多いです。
男性の場合は、ネクタイの色で場面を使い分けます。
弔事の場合は、ネクタイは黒です。

ブラックフォーマルは、基本的には普段着としては使えません。
冠婚葬祭のためだけのものとして買う必要があります。
ですので、持っていなくては生活ができない、といった類いのものではないのですが、やはり持っていないといざといったときに慌ててしまうということになりかねません。
社会人の基本として、1着は持っておきたいものです。

他のものにもしっかり注意を

服以外にも気をつけなければいけないことは多くあります。
まず、アクセサリーは基本的には結婚指輪以外はつけてはいけないとされています。
ただし、真珠は涙を連想させるため例外です。
その場合も、ひとつなぎになったネックレスや一粒のイヤリングなどが基本になります。

靴も黒いもので、艶がないシンプルなものにするべきです。
靴下やストッキングも黒いものにするべきとされていますが、仮通夜の場合は(予期していたかのように思えるので)むしろ肌色にするべきという人もいます。

また、冬などに着るコートなどの服は、毛皮は殺生を連想するため避けた方が良いでしょう。
靴や鞄も、特に女性の場合は革製は避け、布のものを使った方がいいと言われています。


この記事をシェアする