いざそのときに困らないためのお葬式の服装マナー

急な知らせにも慌てないために

3種類ある「喪服」とそれぞれの意味

そもそも喪服とは、喪に服していることを示すためのものです。
ですから、本来は喪服を着るのは遺族だけでした。
しかし、それを参列者も着ることでこころが遺族に寄り添っていると言うことを示すようになりました。

喪服には大きく3種類あります。
正喪服は遺族が着る正式な喪服のこと。
準喪服が一般的な喪服で、通夜や告別式に参列者が着て行く服です。
略式は急な通夜や三回忌以降の法事などに来て行く服で、いわゆる喪服ではないダークカラーの服を着て良いとされています。

元々の喪服の意味合い的なことを考えても、実際は心があれば服装にそこまでピリピリしなくても良いとは言えると思います。
しかし、社会人のマナーという点でも、正しい服装を知っておくべきでしょう。

「略式」の時に気をつけるべきこと

さて、略式(略喪服)は基本的には普段でも着られるようなもので良いのですが、気をつけるべきことはあります。

まず、通夜は以前は略式を着て行く方が良いとされていました。
そもそも通夜は急なもので、きっちりした服装をしていってはむしろまるで死を予測していたように思われるからです。
しかしながら、現代は通信技術が発達し連絡がすぐ入る上に、遺体の保存もできるようになったので亡くなってすぐではなく少し時間が空いてから通夜が行われるということも多くなってきました。
ですので、現在は通夜の場合も喪服(礼服)を着ていっても良いと言われています。

平服の場合は、男性は黒いネクタイをして行くことがマナーです。
途中で買っても良いですが、一つは用意していることが社会人としての常識と言えます。
女性の場合は、アクセサリーなどは基本的にはつけないで、持ち物も黒で統一することがマナーです。


この記事をシェアする