年齢別のお葬式にふさわしい服装をチェック!

いざそのときに困らないためのお葬式の服装マナー

喪服にも場面によって種類が

人生、出会いがあれば別れも確実にあります。
日本社会で生きている限り、お葬式というのは絶対に避けては通れないことです。

しかしながら、お葬式というのはそう頻繁にあるものではありません。
学校でも、一応習ったことがあるけど覚えてないという方も多いのではないでしょうか。
特に、社会人になって日が浅い、という方の中には、なかなか参列する機会もなく、どういったものかわからないと思っていらっしゃる方も多いと思います。
また、何回も参列した方でも、実はしっかりとはわかっていないという方もいらっしゃるかもしれません。

冠婚葬祭の中でも、お葬式は事前の予測がしづらいものではあります。
実際に参列する、あるいは(あまりあって欲しくないものではありますが)主催するとなったときに、急なことであるからと慌ててしまっては、故人としっかりとお別れができなくなってしまいます。
もちろん平常心で臨む、なんてことは不可能でしょうが、個人との最後の時間を、少しでも落ち着いた気持ちで過ごしたいですよね。
そういった意味でも、服装のマナーといったところで心を乱されることのないように、しっかりと頭にいれておきたいところです。

また、それだけではなく、社会人になればその付き合いとしてお葬式に参列することもあるでしょう。
そこできちんとマナーに沿った振る舞いをできなければ、社会人としての品格を疑われかねません。
社会の一員として、確実に身につけておかなければいけない知識の一つであると思います。
この機会に、しっかりと確認しておきましょう。

急な知らせにも慌てないために

一口に喪服といっても、実はいくつか種類があります。 一般的に喪服といったときには「準喪服」のことを言いますが、この準喪服と略式はそれぞれ使い分けをしっかりとしなくてはいけません。 それに加えて、主催者側の時にきる「正喪服」もあります。 基本的なことですので、まずしっかりと確認しておきましょう。

もしもの時のために1着は持っておきたい喪服

多くの場合、お葬式は急なものです。 例えばその知らせが入ってから喪服を慌てて準備する、というのはとても難しいと言わざるを得ません。 社会人になればいろいろなつながりも増え、自然とお葬式に出る機会も多くなっていくでしょう。 喪服は最低1着はきちんとしたものを準備しておきたいものです。

年齢ごとに、気をつけておくべき点

喪服だけを持っていれば安心というわけではありません。 例えば、歳を重ねていけば、お葬式を主催する機会も増えるでしょう。 そうなったときは、それにふさわしい格好をできるようにしておくべきでしょう。 逆に、子供なら特別喪服を用意する必要はありません。 とはいえ、その場にふさわしい格好はもちろん必要ですが。

おすすめリンク

墓石に使われる石の種類

墓石には、どのような石が使われることが多いのか?その種類や特徴を紹介していきます。